正しい洗顔方法

敏感肌の洗顔の仕方。

敏感肌とは、肌に合わない洗剤や化粧品を使ったときに荒れたり、赤みが出たり、衣類によってぴりぴりしてしまうなど普通肌の人よりも反応しやすい肌のことをいいます。 この状態は、肌のバリア機能が損なわれ、外からの刺激に反応しやすくなっているためにおこります。
化粧水がしみてしまったりアルコールで被れてしまう、髪が触れただけでかゆくなるなどの状態です。これは、間違ったスキンケアやアレルギー、栄養不足などが原因とされています。敏感肌は肌のバリア機能が壊されてしまっている状態です。その状態でどのような洗顔料や洗い方をしても成分が刺激となってしまいます。
そのため洗顔するときには水だけで行なうことがおすすめです。水だけで、洗顔することによって肌に必要な皮脂を落とし過ぎることも無く、肌のターンオーバーをさせます。 敏感になってしまった肌を一度リセットすることが良く、女性の場合には朝だけ水で洗うことだけでも肌に負担をかけないことに効果的です。

敏感肌の場合に注意したい洗顔方法

敏感肌ですと刺激に弱くなっていますので使用する洗顔石鹸から拘るようにした方が良いでしょう。できるだけ避けた方が良いと言えるのがスクラブ配合の洗顔料です。スクラブは汚れ落ちが良くなる一方で刺激になってしまう恐れがあります。ノンスクラブで低刺激で洗える方が肌には優しいと言えますので選ぶ際には気を配ってみるのが良いと言えます。
脱脂力が強過ぎて必要な皮脂まで根こそぎ奪うような洗顔料も回避した方が良いかもしれません。皮脂を奪い過ぎると刺激を感じ易くなりますので要注意です。敏感肌は洗い方に気を配ることも欠かせませんが、刺激を与えない為にも泡を使って優しく洗うのが基本と言えます。強く擦ると刺激になってしまいますので、力を入れて擦らないように気を付けた方が良いでしょう。
そしてあまり時間を掛けないようにすることも大切です。時間を掛けると皮脂や水分が奪われ過ぎてしまいますので、長くても30秒以内には洗い終えるようにした方が良いとされています。

pickup

東京のカプセルホテルを探す
http://kitasenju-capsule.com/

2016/2/5 更新